会州一酒造 R5BY「儀兵衛山田錦」純米吟醸 中取り しぼりたて無濾過生原酒入荷

寛永二十年(1643)創業、杜氏さんの腕の良さが際立つ会州一酒造より、「儀兵衛」ブランドの新酒が入荷しました。

酒造好適米の最高峰、山田錦50%精米の純米吟醸の中取り、しぼりたての無濾過生。

一番まろやかでバランスの良い、鑑評会にも出品されるお酒です。

一昨年は「福島県春季鑑評会」において、儀兵衛「雄町」と共に、金賞ダブル受賞。

さらに昨年は「全国新酒鑑評会」において、数多くの蔵が純米大吟醸酒で挑む中、純米吟醸酒ながら金賞受賞という快挙を成し遂げました。

酒造りが難しいと言われている今年でも流石の仕事、これぞ極上の山田錦。

お酒の印象をそのまま表現したようなボトルのパッケージ通り、まるで最上級の蜜のようなきれいさに、完熟のパイナップルなどの果実を感じさせる芳醇さ。

しかしながら淡麗で、甘みから辛みへと口中でうつろい、流れていくようなのどごしの後は香りの余韻に包まれます。

お酒のみでひたすら飲んでいられるような仕上がりです。

この美味しさ、ワインの世界だったら、かなり値が張るレベル。

白ワインがお好きな方もぜひ。驚きますよ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

関連記事