明日、風が吹きます

コロナ禍の中、年が明けてよく目にし、耳にするようになった言葉「風の時代」

西洋占星術の世界でも2021年は「風の時代」の始まりの年だそうです。

この素晴らしいタイミングで、そんな風の時代にふさわしい、知る人ぞ知る会津の銘酒「風が吹く」の取り扱いが決定いたしました。

会津を観光などで訪れて初めて知ったという方も当店では多く、またご存知の方からは、リクエストの多かった蔵元でもあります。

創業明和2年(1765年)
使用する酒米は、全量会津産の有機栽培米、そして全てのお酒の種類が生酒です!
なんと、山廃も生!

いろいろとご縁がありまして、原料の有機栽培米五百万石の栽培を手がけているのは「自然農法風の会」の児島氏。

当店の姉妹店であるテイクアウト専門の惣菜店「おつ」の美味しい有機米ご飯も、児島氏の栽培するコシヒカリを使用しております。

そしてなんとこの方、偶然にも私の高校時代の英語の先生。大げんかした記憶があります??
とまあ、話し出すとキリがないのですが、ほとんどこちらでは目にすることのないこの希少酒を、取り扱わせていただけることは本当に光栄であり、この美味しさをぜひ皆様にも味わっていただきたいと思います。

まずは今年から発売となったピンクラベルのうすにごりを含む5種類から。

明日からの発売を予定しております。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2021-02-12|
関連記事

    関連記事はありません