会州一酒造 R5BY「儀兵衛 雄町」純米吟醸 中取り しぼりたて無濾過生原酒入荷

寛永二十年(1643)創業、杜氏さんの腕の良さが際立つ会州一酒造より、「儀兵衛」ブランドから「山田錦」に続き待望の「雄町」の新酒が入荷しました。

多くの酒造好適米のルーツである「備前雄町」。

50%精米の純米吟醸の中取り、一番まろやかでバランスの良い、しぼりたての無濾過生。

完熟の桃や梨のほとばしる果汁の様なジューシーさから、ふくよかな旨みと軽めの苦み。

「山田錦」と双璧をなす、「雄町」らしい芳醇な1本です。

”オマチスト”と言われる雄町ファンもいるほどの人気酒米。

私もその一人ですが、醸すのが難しいとも言われ蔵の腕の見せ所でもあります。

旨み・味わいがしっかりしながらも、透明感のあるとても上品な口当たり。

吟醸香も強すぎず適度な甘みで、お酒だけでもすいすいイケてしまう軽快な飲み口です。

先の「山田錦」は、福島県春季新酒鑑評会において、今年も見事金賞を受賞いたしました。

昨年は全国でも金賞受賞。今年も期待できます。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

関連記事